集合住宅と比べて防犯性が低め

セキュリティシステムの有無

マンスリーマンションの中には、24時間セキュリティシステムを導入しているところがあります。そういった物件においては窓に防犯センサーがついており、万が一留守中に誰かが侵入したり警報が作動します。さらに玄関の鍵も開錠されにくい特殊なカギが使用されているため、こういった物件に住んだ場合は心配性の人でも安心して家を空けることができます。一方、戸建ての平屋住宅や二階建て住宅においては、あらかじめ警備会社の24時間セキュリティシステムが導入されている例は皆無に近い状態です。小さな平屋住宅ならまだしも、大きな2階建て住宅を借りたような場合、窓の総数はかなりのものとなります。その中に外部から侵入されやすいタイプの窓がある場合、心配性の人だと旅行中に落ち着いて過ごす事ができないかもしれません。

人の出入りの有無に関する違い

集合住宅に住む場合、よほど条件が悪い場合や人口が減少し続ける地域である場合を除いて、建物内に別の誰かが居住しています。つまり、常に人の出入りがあるという事は泥棒にとっては都合が悪い状況で、たくさんの人が住む大きな集合住宅であるほど玄関から侵入されづらい部分があります。また両隣に誰かが住んでいる場合、音が鳴り響く事を考えると窓ガラスを割って侵入する事も困難で、セキュリティシステムなしでもある程度安心して過ごす事が可能です。

一方、過疎地にポツンと建っているような戸建て住宅の場合、玄関の付近に民家がまったくなければ泥棒に目をつけられてしまいます。特に夜間に関してはマンションのように玄関付近に明かりが灯っていないため泥棒は姿をくらましやすく、何日も家を完全に空ける場合は危険度が向上します。