ご近所トラブルが起きやすい

騒音や雑音に注意する事

賃貸住宅は、物件数が多く自分が住みたい物件を手軽に見つける事ができます。初期費用も高くなく、多くの人が気軽に住める便利な住居です。しかし、注意しなければいけないのがご近所トラブルです。例えば、自分の部屋で大音量で音楽を聞いたり、楽器を演奏したりするとそれが隣の部屋に響いて隣の部屋の人から文句を言われることがあります。また、家の中でダンスなどを踊っていると、足音が下の階の部屋に響いてこれもご近所トラブルになる可能性が高いでしょう。 そこで、集合住宅に住む時には騒音や雑音などに注意して、周りの部屋に音が響かないように注意します。どうしても騒いでしまう場合は、防音対策をしている集合住宅に住みましょう。

ペットを飼う時は注意しよう

集合住宅では、ペットによるご近所トラブルも起きやすいです。例えばペット禁止なのに犬や猫を飼っていると、他の部屋の人たちに不快感を与えて迷惑をかけてしまいトラブルが起きやすいです。さらに、ペット可能物件であっても、鳴き声や臭いに注意しなければトラブルに巻き込まれる可能性が高いので、集合住宅でペットを飼う時にはトラブルに発展しないように対策を立てる必要があります。例えば、鳴き声が小さい動物を飼ったり消臭スプレーなどでペットの臭いを小まめに消していく事が大事です。

いくらペット可能物件でも、ご近所に迷惑をかける行為をするとクレームがくるので、ペット可能物件だからといって何も対策をせずに動物を飼うことがないようにします。